blog たつのおとしご通信

【浅草】ある日の午後の風景③
そして沢山の方が参加する集団レクリエーションですが、今日は「絵手紙」でした。

こちらの集団レクリエーションは介護士が主体となり準備をしています。
ゲストの皆さんは数種類ある絵柄から好きなものを選ぶところから始まり、その後絵付けをします。

つわもののゲストは、レクリエーションのはしごをされる方もいらっしゃいます。

そして出来上がった作品は個人的に居室に飾る方もいれば、フロアの共有スペースに飾る場合もあります。
施設内にはゲストの作品をそこかしこに展示していますので、ご来所の際には是非ご覧になって下さい。
【浅草】ある日の午後の風景②
こちらはアート部音楽療法士によるクラブ活動の一つハンドベルクラブの皆さんの練習風景です。

新規メンバーも加わったようですが、現在20名前後の方がメンバーのようです。
すでに何年もハンドベルをされているゲストもいて、現在敬老会やクリスマス会などを発表場としており、演奏も初期に比べて格段の上手になっています。
日々の練習の成果が実を結んでいるのだと思います。
【浅草】ある日の午後の風景①
浅草老健の14時はレクリエーションの時間です。
毎日様々なレクリエーションを行なっていますが、施設内で一番広い場所は地下一階の食堂になりますので、主にこちらで皆さん思い思いにレクリエーションや申込制のイベント、音楽やアート活動に参加されています。

今日はこの食堂で三つのアクティビティが行なわれましたが、浅草老健では珍しくない光景です。

まずこちらは申込制のイベントのビーズアクセサリー教室です。毎回ボランティアの講師の方と一緒にお好きなアクセサリーを手作りしていきます。
皆さんなかなのセンスの持ち主で、いつも素敵な作品が出来上がっております。
【櫻川】俳句の会
14時からのレクは俳句の会でした。
ボランティアで俳句の先生が月1回いらっしゃっています。
季語の一覧を配布、完成した俳句はホワイトボードに書き出し、先生が講評します。

月1回とあって、事前に俳句を考えて臨まれている方も大勢いらっしゃいます。
先生の的確なアドバイスと、温かいお話。
ゲストのみなさんも身体を前に乗り出して聞いています。

「櫻川のみなさん、とても素直な俳句。」
「よくできている。」
いつも先生にお褒め頂いています。

俳句は五七五のわずか17文字。
その17文字に想いをのせる。
とても難しいのですが、浪漫もあります。
次回の俳句の会は2月18日(月)です。
【浅草】通所おやつ作り
毎月行なっている通所リハご利用のゲストの方とのおやつ作りですが、
今月はずんだ白玉団子を作りました。

ずんだの元となるのは枝豆ですが、今は時期ではないので冷凍の枝豆を使用しました。
豆を枝豆の袋の中から取り出して、薄皮を取り除き、袋に入れてつぶします。つぶした枝豆に砂糖を入れるだけで美味しいずんだ餡の完成です。白玉は絹ごし豆腐を使いヘルシーに、そして滑らかな食感に仕上げました。

出来上がったおやつを皆さん美味しい、美味しいとおっしゃって、あっという間に完食されていました。

わいわい言いながら作って、そして出来たてを食べる本当に楽しい時間でした。

また来月は何をつくりましょうか。
1 2
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー