blog たつのおとしご通信

【千壽】敬老会③
ご長寿表彰では、各フロア最高齢のゲスト(男女)と百寿のゲストに職員からのメッセージが添えられた色紙を、白寿・米寿・喜寿のゲストにはミニ賞状をお渡しさせていただきました。
色紙を贈られたゲストの嬉しそうな表情がとても印情的でした。

千壽介護老人保健施設の最高齢ゲストはなんと102歳です。

お祝いの会最後のプログラムはゲストと職員の合唱・合奏です。
アート部活動中に作成した、手首につけるミニ鈴やミニポンポンを使用し
「幸せなら手をたたこう」と「365歩のマーチ」を全員で合唱・合奏しました。
幸せなら手をたたこうでは、全員で手をたたきながらゲストも大きな声で朗らかに歌っていました。
リズムに合わせながら2曲を合唱・合奏し、息のあった1つのハーモニーが完成しました。
最後はゲストの健康とご長寿を祈って一本締めで終了しました。

 ゲストの皆様、これからもお元気でお過ごし下さい。

【千壽】敬老会①
9月8日(日)に千壽老健では敬老会が行なわれました。

昼食はいつものお食事とは違い、バイキングでした。
バイキングテーブルには色鮮やかな料理がたくさん並べられていて、目を輝かせ料理を運ぶゲストの姿がありました。中にはお皿が見えないくらいたくさんのお料理をのせているゲストもいらっしゃいました。

ゲストから特に人気のあったメニューは『おはぎ』と『小豆ホイップのパン』で、全て施設の調理師による手作りになります。

満面の笑みを浮かべて美味しそうに召し上がっているゲストの表情を見て、職員もほっこりしました。

バイキング会場もまたこの日の為に特別な装飾が施されており、普段とは違う華やかな雰囲気に包まれ、お食事のテーブルの上には折り紙で折られた鶴と亀の飾りが2つ仲良く並べられ、それを見たゲストは「可愛いわね、飾りを持って帰りたいわ」と仰っていました。
【浅草】小さなお客様
浅草老健の近くにある保育園の園児達が遊びに来てくれました。

2歳から3歳の園児達6名がフロアへ現れると、途端にゲストの顔がほころびます。
普段なかなか接することのない、小さいお子さんとのふれあいはとても貴重で、ゲストの皆さんも大喜びでした。
「チューリップ」の唄のプレゼントや、園児達が作ってくれた折り紙の花束を頂いたり、短い時間でしたが楽しいひと時になったのではないかと思います。

最高齢のゲストと園児の年齢差はなんと100歳でした。
園児達もはじめは緊張していましたが、帰る頃には打解けて元気にお別れの挨拶もしてくれました。

また遊びに来てくださいね。
【浅草】三社祭
今年もこの季節がやってきました。

浅草といえば三社祭。
お祭大好きな浅草のゲストはお囃子の音が聞こえてくるとそわそわ、ワクワクしてきます。

御神輿は朝、昼、晩と出ていますが、多くのゲストにごらん頂くのは宵宮になります。
ライトアップした御神輿は昼間と全然違い、とても綺麗で、担ぎ手もその日最後の御神輿という事もあり気合が入り、かなり盛り上がります。

いつも町会の御神輿が施設の前を通過してくれるのでその時は最高の盛り上がりで、ゲストの皆さんも、拍手喝采で迎えます。

今年も沢山のゲストに三社祭を楽しんで頂きました。また来年も元気でみたいですね。
【櫻川】春のお散歩
5月に入りお天気が良かったのでお散歩に行ってきました。
スタッフにお花のお土産を持ってきてくださいました。
思わぬプレゼントにスタッフもほっこりしていました。
1 2
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー