blog たつのおとしご通信

【千壽】敬老会 ちょっとしたエピソード
以前ブログでも紹介しました千壽での敬老会、ゲストに楽しんでいただけるよう職員のささやかな「おもてなしの心」が詰まっております。

写真は当日の通所ゲストのお席を写したものです。
ゲストが利用する紙コップに職員からのメッセージが書かれてます。
ゲストは紙コップのメッセージを読みつつ敬老会を楽しまれていました。

バイキングやボランティアによる演奏など楽しい催しに添えて、こんな小さな嬉しいも大切にしていきたいと感じたエピソードでした。
【千壽】敬老会
9月16日に敬老会を行ないました。
敬老会当日はいつもとは違うバイキング形式の昼食でした。
ゲストの皆様、沢山のメニューの中から何を食べようかと悩みながら選んでいました。ご自分で選んだ食事はどれも美味しいと好評でした。
特に甘い物が人気でした。

午後は表彰式と昭和イントロクイズ、そしてボランティアさんによるマンドリンの演奏で盛り上がりました。

写真は各フロア男性最高齢の方の表彰の様子です。

ゲストの皆様に楽しんで頂けて職員一同嬉しかったです。

【龍岡】 龍岡ガーデン
龍岡老健では玄関付近だけでなく、2階フロアのテラスにも
緑がございます。

写真のミニトマトは太陽の光をたくさん浴びて、少し色づいてきました。
全体的にはまだ青い実が多いのですが、成長が楽しみです。
収穫した実は8月のお台所クラブで使用予定です。
【浅草】癒されます
玄関脇の下駄箱の上も、ゲストの作品を展示するギャラリーになります。

施設内では様々なクラブ活動を行なっていますが、その一つに粘土細工クラブがあります。

先日ふと下駄箱の上を見ると、とても癒される作品が展示されていました。
作者は男性ゲストです。奥のシロクマはとてもリアルで写真を見てとても立体的な作品に仕上げました。手前のネコはそのしぐさや表情がなんともいえず、見るものを癒すそんな作品になっています。
美術スタッフも、このゲストにこのような才能があったと想像しておらず、才能が開花したとびっくりしています。

施設内では様々なレクリーエーションやクラブ活動を行なっていますので、もしかしたら自分やご家族も気づかなかった才能に目覚めるきっかけになるかもしれません。
【浅草】園児がやってきました
施設の近所にある「寿クローバーズ保育園」の園児達が遊びに来てくれました。

初めは緊張していた園児達もだんだん慣れてきて、歌を歌ってくれたり、ゲストの皆さんと握手をしてくれました。
ゲストも突然現れた小さいお子さんに、満面の笑みを浮かべ、口々に「かわいいね」「何歳なの?」と話しかけていました。

今回来てくれたお子さんは2歳から3歳のお子さんで、ゲストの中には102歳の方もいるので年の差100歳でした。可愛いお子さんと触れ合うことで
ゲストもよい刺激をもらったのではないかと思います。

また是非来て欲しいです。
1 2
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー