blog たつのおとしご通信

【櫻川】 敬老会
櫻川では9月17日(日)に、敬老会を行いました。

午前は敬老会の担当職員が各フロアをまわり、
賀寿を迎えたゲストを表彰いたしました。
このときゲストにインタビューをさせていただきましたが、
涙ながらに昔の思い出を語られているゲストもいらっしゃり、
印象深い表彰の会になりました。

昼食はバイキング形式で、色々なメニューが並びました。
ゲストの皆様はとても美味しそうに召し上がっていました。

午後はお祝いの会と題し、敬老会の担当職員が各フロアをまわり、
合唱を披露しました。
歌はゲストにお馴染の「ああ人生に涙あり」
「秋の童謡メドレー櫻川バージョン」「青い山脈」の三曲です。
いつもと違った職員の姿を見て、笑顔になるゲストも大勢いました。

皆様のご長寿をお祝いでき、職員一同、大変嬉しく思っております。
来年の敬老会も楽しみにしていてくださいね。

※写真は表彰の一コマです。
【龍岡】 敬老会
9月16~18日の三日間は龍岡会の各施設で
敬老の日にちなんだイベントが開催されました。

文京区の龍岡老健では18日に敬老会を行いました。
1日のプログラムは、

 ・ご長寿ゲストの表彰
 ・ランチバイキング
 ・お祝いの会

となっています。

年間を通してゲストの楽しみとなっているのがランチバイキングです。
お写真にあるように、お料理コーナーには色んなメニューが並びました。
ボランティアさんの協力を得て、ゲストはお料理を自ら選びにいきます。
お肉やお魚、デザート類が特に人気のようでした。
【千壽】敬老会
9月17日に千壽老健では施設の2大イベントの1つの敬老会を行いました。

お昼ごはんは地元の食材を使ったお料理のバイキング、午後はフロア最高齢と施設最高齢の方の表彰式、そして職員とボランティアさんからのお祝いとしてダンスや歌を踊り歌いました。

職員からの出し物は「お祭りマンボ」と「上を向いて歩こう」の2曲を使い踊り歌いました。
写真は「上を向いて歩こう」に合わせて、踊っている様子です。この曲には入所者様にも踊っていただけるようなやさしい振り付けを職員が考えました。皆さんもお馴染みの曲なのでのりのりで歌い踊っている方も沢山いらっしゃいました。

お呼びしたボランティアさんはソーラン節のボランティアさんで小さいお子さんも一緒に踊っている様子に皆さんは釘付けになっていました。一生懸命な姿は見る人の心を魅了しますね。

「次はいつやるの?」そんなうれしい声も聞こえました。
特別なお食事と気持ちが詰まった催し物で職員にもボランティアさんにもそして入所者様の心にも残る敬老会になったのではないでしょうか。
【浅草】敬老会
施設の大イベントであります敬老会を行いました!

当日の午前中は、健康体操を仮装した職員が各フロアを回って行い、昼からハーフバイキングのご昼食、そして午後からはメインイベントの出し物の披露でした。

まずこの日のために練習に練習を重ねた、ゲストによるハンドベルの発表です。2チームに分かれてそれぞれ「旅愁」「見上げてごらん夜の星よ」「里の秋」「「上を向いて歩こう」を演奏していただきましたが、今回のメンバーの最高齢は今年の12月で101歳になられるゲストの方です。素晴らしいですよね。どちらのチームの演奏もとても上手でした。

その後ご長寿表彰式を行いました。今回は77歳、88歳、100歳を迎えられる方のご表彰をしました。皆さんとても嬉しそうでした。

最後に、職員による出し物を行いましたが、こちらも2チームに分かれて、寸劇あったり、仮装しての替え歌あったりとこの日の為にゲストが笑顔になればと思い練習して来ました。その甲斐あって、沢山の笑顔を見ることが出来ました。

盛りだくさんの1日でしたが、ゲストにとって楽しいひと時を過ごしていただけたら嬉しいです。
【神石】8月お誕生日会
先月のことになりますが、8月生まれの方をお祝いしました。

当日は、ご夫婦で楽器演奏活動をしていらっしゃる、
「かたぶい」の大久保夫妻をお迎えし、
ハープや他の楽器、踊りの方も加えての華やかな会となりました。

優しい音色と華やかな踊りにうっとりのゲストの皆様でした。
また来て頂けますことを楽しみにしております。
1 2
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー