blog たつのおとしご通信

【浅草】園児来所②
園児達の中にはゲストのひざの上に乗ってくつろいでいる子や、同じ椅子を一緒に座っている子などもいて、久しぶりに抱く子供の体温や重さを肌で実感されていました。

あるゲストは「子供ってこんなにあったかいのね」っておっしゃっていて、こういう触れ合いは本当にいいものだと思いました。

園も施設からとても近いので、また是非みんなで来てください。
【浅草】園児来所
敬老会も終わり、施設内に静けさが戻った火曜日、近くの保育園の園児40名が来所しました。

0歳~5歳までのお子さんがこんなに沢山来ることは初めてで、はじめゲストも戸惑っていました。
勿論、初めての場所で園児達も緊張していました。

はじめに園児達による唄と踊りの披露がありました。
その後、施設の音楽療法士の元、一緒に手遊びや音楽にあわせて風船運びのゲームなどをしました。一緒に歌ったり、遊んでいくなかで段々園児達も打解けていったようでした。
【浅草】お好み焼き教室②
ゲストがお好み焼きを作る番です。

材料を混ぜてホットプレートで焼くのですが、沢山のキャベツの中に粉を入れて、油をひかないで焼くお好み焼きは私達の普段見ているお好み焼きとちょっと違いました。野菜たっぷりでとってもヘルシーで、でも味も美味しくて皆さんとっても美味しいと大好評でした。

コテの返し方も教わって、全部ゲストの皆さんにやっていただきました。皆さんとても上手でした。

自分で作ったお好み焼きをおやつの時間に召し上がって頂き、スペシャルなおやつになりましたね。
【浅草】お好み焼き教室①
オタフクソースという企業をご存知でしょうか。
広島に本社をおく、関西では有名な調味料メーカーさんです。この企業にはお好み焼き部という部署があり、出張お好み焼き教室を開催してくれます。

先日、浅草にも来てくださり、認知症フロアのゲスト対象にお好み焼き教室を行ないました。

まずはお好み焼き部の社員の方より、お好み焼きの説明、それから実際に社員の方が見本にお好み焼きを焼いてくれました。

お好み焼きの焼ける匂いで、皆さん「いい匂いね」とすでに興奮気味でした。

【櫻川】不転達磨
敬老会に向け、通所スタッフとゲストが一丸となって達磨(ダルマ)を作成しました。
模造紙4枚分、とかなりの大作です。

この作品を制作指揮したの通所スタッフのT主任。
ゲストの皆様のご健康とご多幸を祈念して作成しました。
ダルマの顔はゲストの皆様に作って頂いた折り鶴。
しかも大きさが大小ことなるもので、配色にもこだわっています。
ダルマの体を良く見ると、小さなダルマがぎっしり。
小さなダルマのお腹には「福」の文字。
なんと縁起が良いのでしょうか。

ゲストの皆様が転ばないように、「不転」である台形の形に。
ゲストの皆様を両目で見守るために、両目とも大きな黒い目に。

櫻川の6階エレベーター前で皆様を見守っているダルマ。
機会がありましたら是非ご覧ください。


1 2
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー