blog たつのおとしご通信

【龍岡】 季節の飾り作り
今月最初の飾り作りでは、秋らしい題材を選びました。
写真にあるのは葡萄ですが、他にも柿の木と栗の木を作っています。

葡萄の粒は、クシャクシャと丸めた新聞紙を、お花紙で包んであります。
その一つ一つを葡萄のように並べて台紙に貼り付けると完成です。
意欲的な方はお一人でたくさんの房を作りました。
「私の葡萄は実が大きいから、ひと房3000円ね」
そんな風に仰る方も。

出来上がった作品は地下の食堂で展示しています。
ご来館の際は、迫力のある作品をご覧ください。
【浅草】通所おやつ作り
今日は通所ご利用のゲストと一緒におやつ作りをしました。
暦の上ではもう秋ですが、まだ暑い日もあるので枝豆を使ったおやつ「ずんだ白玉」を作りました。

通所ご利用のゲストの一日はとても忙しいです。お風呂やリハビリやらあるので、少しお手伝いしていただいては、「リハビリのお時間で~す」と連れて行かれてしまいます。そしてリハビリ終わりのゲストが作業を引き継ぐといった連携プレーでなんとかおやつを完成させました。

味はというと、手作りならではの素朴な味で皆さん美味しいと完食されていました。
次回のおやつ作りは何にしましょうか。お楽しみ下さい。
【千壽】秋の壁飾り
少し肌寒い日も増えてきた今日この頃ですが、千壽介護老人保健施設の壁の飾りも夏の飾りから秋の飾りへと変わりしました。

沢山のモミジやイチョウが舞っています。はっきりとした色から淡い優しい色まで一枚一枚個性溢れる作品となりました。
近くで見ると更に味わい深い作品となっております。
施設にお越しの際は、ぜひお近くでご覧ください。




【浅草】寿児童館のお子さんと一緒にレクリエーション
数年前より施設近くの児童館のお子さん達と一緒に作品作りをしています。

今回も小学1年生を中心としたお子さん8名が遊びに来てくれました。
今回は来月に行う敬老会のテーマが「笑顔」なので、そのテーマに沿った飾りを作る事にしました。
はじめは緊張していた子供達でしたが、入所者の方に作品を褒められると一気に打ち解けて、お話をしたりお手伝いをしてくれるようになりました。

ゲストの皆さんもお子さんがいるだけで元気をもらえたようです。

お子さん達も楽しかったようで、「また来たい!」「毎週来たい!」との声も沢山聞かれました。
このような交流は今後も続けていきたいと思っています。
【浅草】ボランティア音楽
今日はゲストのご家族のご紹介で「Goodies」の皆さんに慰問演奏にきていただきました。

メンバーは、バイオリン、ギター、ボーカル2人の合計4名の若い男性で、それだけで女性のゲストのテンションは上がっていたように感じましたが、いざ歌を聴いてみると、とても耳に心地よい歌声とバイオリンとギターの音色で、一気に曲に引き込まれていきました。

ゲストの年代に合わせて懐メロのメドレーを歌ってくれたり、少し若い曲を歌ったりと今の老健のゲストの年齢差が40歳ぐらいあるのでどの年代のゲストにも楽しんでいただけるようなプログラムでした。
また「Goodies」の皆さんはCDデビューもしていて、テレビなどでも彼らの曲が使われているそうです。これからもっとテレビを通して曲を耳にする事があるかもしれませんね。

最後には、ゲスト一人ひとりに握手をしてくださり、アンコールの声まで上がるほど、盛り上がりました。
素晴らしい演奏と歌をしてくださいました「Goodies」の皆様ありがとうございました!!
また是非きて下さい!!
1 2
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー