blog たつのおとしご通信

【千壽】ステンドグラス風お正月お飾り
2017年、新年明けましておめでとうございます。

千壽介護老人保健施設では、新年にぴったりなお飾りを飾りました。

画用紙を切り抜き、切り抜いた部分にカラフルなお花紙を貼り付けました。

お天気が良い日ですと光が透けて、とても綺麗に見えます。

羽子板や門松、その他お正月ならではのモチーフのステンドグラスで施設の中もぐっとお正月らしさが増しました。

こちらはリハビリ部の力作ですが、リハビリ部では他に、入所されているゲストの皆さんと一緒に作る月ごとの大きなカレンダーや季節のお飾りのコーナーがございます。

こちらも随時行進して行きますので、どうぞお楽しみにしてくださいね。







【千壽】10月のカレンダー
10月になりましたね。

千壽介護老人保健施設では月に1回リハビリ部の職員と入所されているゲストでカレンダーを制作しています。

カレンダー作りもリハビリの一貫でして、毎月その月にちなんだデザインで仕上がりがいつも待ちきれません。

今月は10月ということで、ハロウィーン仕様になっております。

ランタンのカボチャ1つ1つの顔が違い、個性溢れる表情となりました。

どうぞお気に入りのランタンを見つけてみてください。

来月はいったいどんなデザインのカレンダーでしょうか?

楽しみですね!








【千壽】リハビリ作品
日々のリハビリの中には、作品を作るというものもあります。

こちらは今年の干支の猿と吊るし雛で、とても綺麗な作品となりました。

複数のゲストと共にひとつの作品を作り上げるこのようなリハビリにおいて、作品を作る過程も大事ですが、出来上がったときの満足感や達成感もとても重要です。

こちらは千壽老健のロビー階に飾っておりますので、是非お越しの際はご覧ください。

リハビリテーション
病院で行うリハビリテーションと、施設で行うリハビリテーションは、ちょっと雰囲気が違うと思います。
家庭的な側面を強くうちだした施設では、リハビリテーションも日常生活での実用性に主眼を置いています。
だからこそ重要なのが、あらゆるスタッフがかかわるということ。
できる活動を援助しすぎないように見守り、その人の能力を引き出す。
リハビリテーションとして日常的に取り入れられる動作を意識して増やしていく。
施設で過ごすことそのものがリハビリテーションに結びつくように心がけています。
リハビリテーション体育
毎日、いろいろなプログラムを組み合わせて集団でのトレーニングを楽しみながら行っています。
特に転倒予防に役立つバランス体操。
よりレクリエーションに近いものとして太極拳やゲートボール。
必死に体操をしているという雰囲気は全くありません。
本当にみんな楽しそう。
楽しいからやる気になる、続けることができるから自然に力がつくのですね。
1 2
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー