blog たつのおとしご通信

【千壽】ボランティア音楽
本日千壽老健ではボランティアさんによるリモートでの
演奏会を開催しました。

曲は6月ということもあり「ジューンブライド」「梅雨」
「初夏」をイメージする曲を演奏してくださりました。
中でも「瀬戸の花嫁」や「雨降りお月さん」、「夏は来ぬ」
などはゲストも積極的に歌唱されておりました。

また沖縄にちなんだ曲も演奏してくださりゲストも
エンジェルハープとピアノの心地よい音色にうっとりしておりました。

今回はリモートでの開催となりましたが、
次回は直接施設にお越しいただき生演奏で
ゲストにもお楽しみいただきたいですね。

演奏会を開催してくださった
かたぶいの皆様ありがとうございました。
【千壽】ハーバリウムづくり
昨月に引き続き、今月もハーバリウム作り第二弾を行いました。

ハーバリウムとは植物標本という意味をもっており、
元来は研究のために植物の状態を長期保存する方法として
生まれたもののようです。
しかし現在は鑑賞目的で用いられるようになりました。

ゲストのお部屋にも目で楽しめる素敵なインテリアとして
飾っていただけるよう、一緒に制作していきました。

制作中はゲスト同士でアドバイスをし合っており、
和気あいあいとした雰囲気のなかで進められていました。
「青に統一すると涼しそうでこれからの時期にいいわね」
「手前に配置するとあじさいの葉がきれいにみえるわね」
などといった声も聞かれました。
最後にハーバリウムオイルを入れ、
お好きなリボンを選んでいただき完成です。

ゲストのこだわりがつまった個性溢れる
素晴らしい作品が完成しました。

カメラを向けると皆様素敵な笑顔を向けてくださりました。
今回ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
【千壽】音楽をプレゼント(アート部)
皆さまこんにちは。千壽老健アート部音楽スタッフです。今回は5月のお誕生日会と合同で行った音楽療法プログラムのご紹介です。

お誕生日会では職員からのメッセージカードと同フロアゲスト全員での歌のプレゼント『Happybirthday to you』をピアノ生演奏と共にお届けします。その後の音楽療法プログラムでは、楽器活動・鑑賞・季節の唱歌の歌唱活動の3本立てで行いました。
鑑賞ではパイプオルガンとチェンバロの音色で『婚礼の合唱』をお届けすると、普段は聴く事の少ない音色にゲストの皆さまは真剣な表情で聴いているようでした。
楽器活動では『お祭りマンボ』に合わせて鳴子等の小楽器を使ってリズムを奏でます。どのフロアのゲストも息の合った大盛り上がりを見せてくださいました。
最後は『夏は来ぬ』をしっとりと歌い上げてプログラムを終えました。
【千壽】ハーバリウム作り
皆様こんにちは。
先日千壽老健ではハーバリウム作りを行ないました。

ハーバリウムとはブリザードフラワーやドライフラワー
をガラスなどの容器に入れ、専用のオイルに浸したものです。

今回ご参加いただいたゲストには
お好きな花材やビーズを選んでいただき、
ピンセットでガラス瓶の中に配置してもらいました。
ご参加いただいたゲストで
「目で見て楽しめるインパクトのあるハーバリウムを作りたい」と
意気込まれているゲストもおりました。
そのゲストは瓶の中を海とイメージしており、
赤のドライフラワーを使用し「サンゴをイメージしているのよ」
と仰っていました。

瓶の中の配置が決まるといよいよハーバリオイルを注いでいきます。
オイルを注ぐとドライフラワーの色がより鮮やかになり、
花材も膨らんできます。
その後は瓶に巻くためのリボンを選んで結んでいただき
世界にたった1つのオリジナルハーバリウムの完成です。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
【千壽】さくらの季節の音楽(アート部)
皆さまこんにちは。千壽老健アート部音楽スタッフです。
4月に入り、ぐっと気温が上がり春らしい日が多くなりましたね。音楽の時間でも桜や春にちなんだ楽曲を使用する機会が多くなりました。

入所フロアでは『春の唄』という楽曲にちなみ、ゲストの皆さまに「春の色といえば?」という質問をしてみました。
「桜の色」や「ピンク」、「黄色」、「緑」などと答えるゲストが多い中、となる男性ゲストの方々は「空色」、「チューリップの赤」とお話してくださいました。
ちなみにこの歌唱活動はこの写真の前で行いました。月1回行われる美術活動でゲストの皆さまが作成した、水彩画『蝶』の絵です。目で見て、耳で聴いて、存分に春を感じていただけた歌唱活動となりました。
1 2
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー